ソーシャルレンディングで資産運用するための心得
2016.11.30

subimg05ソーシャルレンディングとは、インターネットを通じて、お金を借りたい人と投資したい人を結びつけるサービスです。金融型クラウドファンディングと呼ばれ、新しい資産運用の形態として注目を集めています。インターネットを活用することで、低コストで経営を行うことが可能となります。このため、通常の借入れや貸付事業と比較すると、お金を借りたい人には低金利、投資する人には高利回りという、大きな利益を還元することができる可能性があります。まず、ソーシャルレンディングの営業者は、ホームページを使って投資家の募集を行います。投資家は、ホームページから、投資に係るリスクと手数料を十分に理解し、同意した上で、投資の申込みを行います。営業者と投資家の間で契約が成立したら、投資家は投資金の送金を行います。同時に営業者は、ホームページにより、お金を借りたい人を募集します。営業者が行う審査に通ると、金利など貸付条件等を記載した書面の送付を行います。お金を借りる人は、書面を確認し、契約内容を十分に理解し同意した場合に、貸し付けが実行されます。

お金を借りた人は、契約内容に従って、返済を行います。営業者は、返済された金額から、各種手数料や税金を控除した額を投資家に配当します。投資家にとっては、高利回りの商品が多いというのが最大のメリットです。また、1万円からの少額投資が可能ですので、リスクヘッジのため分散投資を行うことも容易です。期間が長い商品は、長く預ける分、利回りも高くなりますが、長期間で運用する分、リスクも高くなります。このため、利回りは低くなりますが、短期間で運用できる案件もあり、リスクを下げることができます。一方、お金を借りる側からすれば、低金利で借り入れを行うことができるのが最大のメリットです。また、融資までの審査期間が短いことも魅力です。

一方で、他の資産運用と同様に、貸し倒れのリスクを回避することが難しいことは心得ておく必要があります。このため、複数のファンドに分散投資することで、リスクヘッジすることができます。資産運用において分散投資は鉄則ですが、ソーシャルレンディングにも当てはまります。また、お金を借りた側の返済が遅延する場合もあります。返済が遅延すれば、当然配当にも影響が出ます。このため、あくまでも余裕資金を使うことが鉄則となります。生活資金や老後の生活資金ではなく、あくまで余裕のある範囲内の資金を運用して投資を行うことが重要です。

▲ ページトップへ