テレビを壁掛けにしてメリットのある空間にしよう

インテリアの一つとしてオシャレな壁掛けテレビ。昔に比べテレビ自体が薄くなっており、壁に掛けられるテレビも各社出しているので壁掛けにするメリットはたくさんあります。まず。テレビ周りがスッキリします。テレビ台が必要なくなるので、物が散乱せず、スペース的に余裕のない場所にはぴったりです。またテレビ裏の掃除がとても楽です。そして小さなお子さんやペットが誤って倒したりする心配もなく、壁に金具を固定して、その金具にテレビを固定するので地震で倒れる心配もありません。テレビ回りがスッキリするのはいいけれど、やっぱりレコーダーやAV機器を置きたい。という方もおられると思います。そんな時は、ローテーブルを使用したり、壁自体に設置できる棚や、テレビもレコーダーもゲーム機も一つにまとめて壁に収納できるものもあります。

壁掛けテレビを設置する前に確認すること。

壁掛けテレビは、壁に穴をあけて設置するので、注意が必要です。一般的な壁は石膏ボードが多いですが、石膏ボードだけでは強度が足りませんので補強が必要です。また木の壁やコンクリートの壁などにも設置は可能ですが、しっかりネジを固定しないとテレビが落下してしまいます。ご自分でもできますが業者にお願いするのが良いでしょう。どこでも設置ができるメリットの壁掛けテレビですが、賃貸でも退去時に原状回復をすることができれば設置も可能です。賃貸用の金具も売られていますので参考にしてください。これからリフォームや新築で壁掛けテレビを考えておられる場合、あらかじめテレビを置こうと予定している場所にアンテナ端子やコンセントを確保しておくのがおすすめです。そのように工夫しておけば、気になる配線もテレビの裏にコンパクトに隠すことができます。設置する場所や壁の状態にもよりますがコンセントの後付けも可能です。

ライフスタイルに合わせて自由に高さが変えられる

壁掛けテレビもメリットは、我が家はソファに座って見る。家事をしながら見る。寝ながら見るなどそれぞれシチュエーションによって決められることにもあります。テレビの大きさや解像度に最適な高さが異なりますが、どの体勢でも見やすくオシャレなのは、床からテレビの中心までが100㎝を基準にします。上を見上げるより視線を下げる方が疲れにくいです。実際に見る距離は、フルハイビジョンの場合は、画面の高さ×3倍に設定し、4Kの場合は画面の高さ×1.5倍を目安にしましょう。例えば、42インチのテレビでフルハイビジョンの場合は、最適にみる距離は3メートルほどです。実際に見る距離が最適な距離から1m離れるごとに+10センチを目安にテレビの高さを調整します。また、座って見たり、何かをしながら立って見る場合はそれぞれのライフスタイルに合わせて床から100㎝よりも15㎝ほど高くするなどして設置してみましょう。