テレビを壁掛けにすることのデメリットとは何か

近年の生活スタイルとしてインターネットでの情報収集をする機会が増え、パソコンやスマートフォンがメイン端末となっている方も多くおられますが、やはり今でもほとんどのご家庭ではテレビを持っておられ、リビングや寝室などに設置されています。お部屋に合わせたテレビ台や棚の上に乗せられているのではないでしょうか。そのように、薄型テレビをスマートであったりお洒落なテレビ台と組み合わせて、トータルなインテリアの一部として取り入れるのも素敵ですが、さらに最先端でスタイリッシュなイメージの部屋にするならば、壁掛けという選択肢があります。棚や台を使用せず、壁に専用の金具でテレビを取り付けるタイプで、様々なメリットがある反面いくつかのデメリットもありますので、その特徴をよく知る為にご紹介していきます。

壁掛けを選ぶ理由とは?気を付けたいポイントをご紹介

テレビを壁掛けタイプにしたいと考える方の多くが挙げる理由の一つは、見た目が良いことでしょう。特にシンプルで余分なものが無いインテリアを目指す方には魅力的です。また、地震の際に倒れてくる心配が不要なことや、小さいお子さんがおられるご家庭では子どもの手の届かない場所に設置できるのでイタズラやトラブルを防ぐことが出来る、掃除が簡単になるといったメリットもありますから、壁掛けにすると良いことは沢山あります。しかし、気を付けたいポイントとしてテレビに接続されるケーブル類の問題があります。例えば録画機器やゲーム機などを多く接続すると壁に何本ものケーブルが見え、スマートさが損なわれる場合があるのです。壁掛けにしたいとお考えのテレビには多くの周辺機器を繋がない使い方をおすすめします。

少しの工夫でデメリットをなくしましょう

では、コンセント位置などの問題でどうしても壁にぶら下がるケーブルが見えてしまう場合はどうすれば良いのでしょうか。これは、手軽で安価に購入できるケーブルカバーを使って隠したり、他のインテリアグッズを飾ってしまえば問題ありませんし、最初から余分なケーブルが出ないように録画機器などの周辺機器は無線で接続可能な機種にしてしまえばスッキリします。また、賃貸住宅にお住まいの方が気になる取付金具についてですが、ホッチキスで固定するタイプなど傷が小さく済むものが販売されており安心です。このような特徴を知っておき工夫することで問題を解消でき、最大のメリットであるスマートでお洒落なテレビ環境を手に入れられます。理想のインテリアに近づくために、壁掛けテレビを導入してみてはいかがでしょうか。