テレビを壁掛けにすると生活にもこんなメリットをもたらします

壁掛けテレビといえば、すっきりとおしゃれで高級感のある印象です。病院やホテルなどで見かけることはありますが、一般家庭にもテレビを壁掛けにするメリットはたくさんあります。新築をお考え中、建設中の方はもちろん、すでにお住まいのお家にもおすすめです。現在お持ちのテレビを壁掛けにできる場合もあります。テレビを壁掛けにするメリットとデメリット、おすすめの設置方法などをご紹介していきます。テレビを壁掛けにする一番のメリットといえば、まず見た目がすっきりおしゃれで、お部屋の印象が一気に変わることでしょう。テレビ周りがすっきりするので、観葉植物を飾るなど、テレビと相性のいい観葉植物やインテリア小物などを置くことも容易になります。テレビと接続するDVDプレーヤーなどの機器がない場合には、テレビ台自体も必要がなくなります。テレビを壁掛けにすることでテレビ台を置かない場合は、かなりの省スペースになります。

壁掛けテレビのメリットいろいろ

見た目以上に強調したい壁掛けテレビのメリットが安全性です。ブラウン管テレビに比べると、地震などで倒れてきた時のケガのリスクは格段に低くなりました。とはいえ、高価な薄型テレビが倒れればモニターが損傷することはあります。テレビを壁掛けにすることで損傷のリスクも回避することができます。また、壁掛けにすれば小さい子どもやペットがテレビに手が出せなくなりますので傷や汚れがつきにくく安心です。テレビを壁掛けにすると、視聴距離が少し遠くなります。部屋の大きさや座る位置との関係によっては、一回り大きいサイズのテレビにすることもできるでしょう。壁掛けテレビは、画面が絵画のように壁から浮き上がって見えますので、テレビの画像に集中しやすくなるというメリットもあります。掃除もしやすくなります。

テレビを壁掛けにする際のポイント

壁掛けテレビのメリットは数多く挙げられます。では、壁掛けテレビのデメリットにはどんなことが挙げられるでしょう。前述しました通り、テレビを壁掛けにすればテレビ台に置いておくよりも安定性がアップします。ただし、安全性を確保した取り付け方法でなければ、壁から落下して余計に危険になってしまうこともあります。多少高価でも、テレビのメーカーの正規品や推奨品、保証つきの取り付け部品を使用することをおすすめします。壁掛けのデメリットとして、接続する周辺機器がある場合や設置場所とコンセントの位置などにより、コードやケーブルが見えてしまうことも挙げられます。コードやケーブルは、市販のカバーなどを使って隠しましょう。たれ下がったままよりも、見た目は格段によくなるでしょう。コンセントの位置がテレビの設置場所との相性が悪いのであれば、コンセントを増設することも一つの解決方法です。